第22回九州高気圧環境医学会サイトのヒーローイメージ

第22回九州高気圧環境医学会

Kyushu Society for Hyperbaric Medicine (KSHM)

テーマ

みつめなおす

ごあいさつ

 第22回九州高気圧環境医学会を2022年7月30日(土)に長崎市の長崎県美術館において、開催させていただくこととなりました。

 新型コロナウイルスによる医療の翻弄は、一旦は収束を見せたかに思われましたが、 新たなコロナウイルス株の台頭により、先の見通しの立たない国難が続いております。

 このようなコロナ禍にありながらも、医療は日々悪戦苦闘し、様々な見直しを行い前進しつづけています。 今学会において、学会の使命である高気圧酸素治療について、このたび今一度「みつめなおす」機会として開催させていただき、 改めて治療の本質や意義についての見識を深めていければと存じます。

 今学会では、特別講演2題、ランチョンセミナー1題、一般演題(口演)を計画しております。現地開催を予定していますが、 新型コロナウイルス感染拡大の状況次第では、Web開催も検討しております。 最終判断は4月末頃を予定しており、学会ホームページ上にてお知らせいたします。

 長崎での現地開催が実現し、今学会が充実したものとなりますよう、最善を尽くす所存であります。
また、皆様におかれましては、状況が許す限り長崎の地にお越しいただき、長崎の歴史や文化も是非ご堪能いただきたく存じます。
 多数のみなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

2022年2月吉日

第22回九州高気圧環境医学会
会長 中村 利秋
(長崎みなとメディカルセンター集中治療部長)

開催概要

会期 2022年7月30日(土)
会長 中村 利秋(長崎みなとメディカルセンター 集中治療部長)
会場 長崎県美術館
長崎県長崎市出島町2番1号
TEL:095-833-2110

【開催方法決定】
 本学会の開催方法をWEB開催といたします。
 詳しくはお知らせをご覧ください。

MAP
テーマ みつめなおす
プログラム 一般演題、特別講演、ランチョンセミナー 等
会告 PDFを開く
チラシ

高気圧医学・潜水医学に関する一般演題(口演)を募集いたします。
抄録は、entryフォーム(word)をダウンロード後、
演題、氏名(共同演者を含む)、所属施設、本文(800字以内)を記載し、メールに添付してご応募ください。

抄録提出期間(期間再延長):2022年6月30日

※その他のご案内は随時、大会Webページにてお知らせいたします。

【大会事務局】
地方独立行政法人長崎市立病院機構 長崎みなとメディカルセンター内
〒850-8555 長崎県長崎市新地町6-39
TEL :095-822-3307(事務局直通)
Email:kshm22-nagasaki@ncho.jp
担当:第22回九州高気圧環境医学会事務局 中野